読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大生が教える勉強法サイト Endeavor

Endeavorは、東大生の勉強法を、受験勉強の方法に悩む受験生に提供しているサイトです。

難関私大・センター受験者必携のおすすめ参考書3選

東大生が教える勉強法サイト Endeavorへようこそ。今回は早慶やMARCHといった私立大学の志望者や、センター国語の受験者へ向けた、マーク式古文の勉強法を解説していきます。

マーク式のおすすめ問題集

マーク式の問題では「選択肢」が極めて大きな役割を持ちます。文章が難しい問題でも、選択肢を分かりやすく設定することで難易度を落とせますし、逆に文章が簡単な問題でも、選択肢を分かりづらくすることで難易度を上げることが出来るわけです。
こういったマーク式特有の出題に対応するには、同じマーク式の問題集を解くほかありません。

マーク式問題集

センター試験や早稲田大を始めとする私立大学の古文の問題は、ほとんどがマーク式の問題となっています。マーク式の問題は記述式の問題とは解き方が大きく異なるので、専用の問題集で練習するようにします。
この河合マーク式問題集は、センター試験より少し難易度を落としたレベルの問題が多く収録されており、古文の実力をつけるにはうってつけの問題集となっています。

マーク式基礎問題集古文 (河合塾シリーズ)

マーク式基礎問題集古文 (河合塾シリーズ)

 

 

中堅私大古文演習

過去問演習に入る前に、加えてもう1冊やるとすればこの本です。中堅私大古文演習は、私大の過去問から良問を集めた問題集であり、マーク式問題の練習には最適です。前述のマーク式問題集よりは難易度が高いですが、河合塾の問題集らしく解説が丁寧なので、独学でも進めやすい本になっています。

中堅私大古文演習 (河合塾SERIES)

中堅私大古文演習 (河合塾SERIES)

 

 

過去問

前述の2冊を終わらせたら、過去問演習に入りましょう。過去問はセンターと二次試験の2種類ありますが、簡単で試験の時期も早いセンターの過去問からやるのが良いでしょう。しかし、2つの試験は傾向がかなり異なるので、一方の過去問を終わらせることに必死になりすぎて、もう一方に手が付けられなかったという事態は避けるようにしてください。過去問演習は、高3の秋頃から行うのが効果が最も得られるのでオススメです。

大学入試センター試験過去問レビュー国語 2017 (河合塾シリーズ)

大学入試センター試験過去問レビュー国語 2017 (河合塾シリーズ)

 
早稲田の国語[第5版] (難関校過去問シリーズ)

早稲田の国語[第5版] (難関校過去問シリーズ)

 

 

終わりに

以上が私大やセンター対策としてやっておくべき古文の問題集3選です。古文という科目の比重を考えると、余りに多くの時間を割くのは非効率なため、今回の私大の対策記事では、必要な量ぎりぎりの演習量となるようにしました。古文で差を付けたいと思っている人は、もう少し追加で演習を行うと良いでしょう。

逆に河合マーク式問題集でつまずいてしまった人や、古文の基礎が出来ていないという人の場合は、演習を積むのではなく、基礎に立ち戻って対策をするようにしてください。古文の基礎の勉強法は以下の記事で紹介しています↓。