読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大生が教える勉強法サイト Endeavor

Endeavorは、東大生の勉強法を、受験勉強の方法に悩む受験生に提供しているサイトです。

最難関国公立受験者向け、数学を得意にする為の必須問題集まとめ

東大生が教える勉強法サイト Endeavorへようこそ。今回は東大/京大を始めとする最難関国公立大志望者へ向けて、数学の勉強法とおすすめ参考書をレベル別に解説していきます。
今回の記事の対象レベルは、基礎的な解法はひと通り頭に入っている、全国模試で数学偏差値55以上程度を想定しています。もっと基礎的な数学力を身につける方法については、以下の記事に書いてあります↓。
[近々追加予定]

 1.数学の勉強法について

他科目に比べて数学は1問の比重が大きく、それゆえに大きな差が付きやすい科目です。加えて、難易度も高めになっているため、十分な演習が欠かせません。本番に、素早く、ミスなく解くために必要なのは、才能ではなくて大量の演習なのです。
特に重要なのは、一度解いた問題の解法を必ず暗記することです。間違えた問題には印を付けて、解法を覚えてすらすら解けるようになるまで何周もしましょう。入試本番は難しい問題が多く、計算ミスも多発するので、時間が足りなくなりがちです。短時間で正確に解き切れる問題のレパートリーを増やすことは、本番で知らない問題に使える時間を増やすことにも繋がります。
そういった基本的な問題への取り組み方を身につけた上で、ここから先の問題集に取り組んでください。最初の一対一対応の演習を解いていて、この分野に自身がないな…と感じたときには、基礎レベルの問題集に取り組み直すことも有効です(冒頭に載せた記事を参考にしてください)。その際にも、解法を暗記するという取り組み方を忘れないようにしてください。

2.入試レベルの演習

今から紹介する問題集は、どれも実際の入試問題レベルの難易度です。難易度順に並べてありますが、この1冊目から解けないようであれば、初めに載せた記事で基礎力を身につけるようにしましょう。
また、間違えた問題、そして解法を考え出すのに長い時間が掛かってしまった問題は必ず解き直し、正確に、さらに素早く処理できるようにしておきましょう。例外も多いですが、ざっくばらんに言って10分以内に解法が思いつかないと、その問題は本番では解ききれないでしょう。また、計算に20分以上掛かっている場合も同様です。一対一対応の演習が終わった後からは、時間も気にして問題に取り組むようにしましょう。

一対一対応の演習[文理共通]

これは文理共通で使うべき参考書です。大学への数学シリーズが出している参考書の中では基礎の位置づけに当たりますが、練習問題で過去問を使っていることから分かるように、入試レベルの難易度があります。数学1,A,2,B,3(微積分),3(曲線/複素数)の6冊があります。理系の方は6冊全てを、文系の方は1A,2Bの4冊に取り組みましょう。
オススメの使い方は、得意分野は練習問題だけを解いていき、苦手分野は例題を1周した後に練習問題に取り組むという方法です。この段階では解法を暗記することが大事なので、例題の解法を参考にして練習問題を解くという方法で進めていきましょう。

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

 

1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学II 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学II 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

 

1対1対応の演習/数学B 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

 

1対1対応の演習/数学3 曲線・複素数編 (大学への数学 1対1シリーズ)

 

新スタンダード演習[文理共通]

大学への数学シリーズで、一対一対応の演習の次の難易度に当たる問題集です。数2Bまでが4月号、数3が5月号ですので、理系の方は2冊とも、文系の方は4月号のみに取り組みましょう。

新スタンダード演習は、一対一対応の演習の延長として設計されていることもあり、解けなかった問題があった時に、一対一の該当する箇所へ簡単に戻れるようになっています。また、大学への数学シリーズに特徴的な、綺麗で分かりやすい解法も共通しているので、本番で使える数学力が身につくでしょう。

新数学スタンダード演習 2016年 04 月号 [雑誌]: 大学への数学 増刊

新数学スタンダード演習 2016年 04 月号 [雑誌]: 大学への数学 増刊

 
数学・スタンダード演習 2016年 05 月号 [雑誌]: 大学への数学 増刊

数学・スタンダード演習 2016年 05 月号 [雑誌]: 大学への数学 増刊

 

 

やさしい理系数学[理系向け]

「やさしい」というタイトルではあるものの、一対一対応以上の難易度がある問題集です。新スタンダード演習と比べ、問題数が少なめで解説が丁寧なので、書店で見比べてどちらが自分に合っているか判断すると良いです(もちろん、両方やるのが1番ですが)。新スタンダード演習もそうですが、よほど数学が得意でない限り、一対一対応の演習を完璧にしてから取り組むようにしましょう。初めて解いた時に間違えた問題に何回も取り組み、ヒント無しで解けるようになれば完璧と言えます。

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

 

 

文系数学の良問プラチカ[文系向け]

文系の過去問から良問を集めた問題集であり、解答の細かさが河合塾らしい参考書です。難易度としてはかなり高めになっており、過去問への繋ぎに最適です。このレベルの問題を短時間で正確に処理できるようになれば、2次数学対策はほぼ完璧と言っていいと思います。

文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 4)

文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 4)

 

 

4.過去問演習

以上の3冊を終えたら過去問演習を行いましょう。過去問のメリットは大きく分けて2つあり、それは「自分の実力の把握」と「志望大学に特化した対策」です。
今までは全大学に共通するいわば土台を身につける参考書を紹介してきましたが、過去問では自分の志望大学に特化した対策を行うことが出来ます。
過去問の演習をする際には、自分の志望大学の頻出問題形式とその解き方に注意しつつ、また時間配分に気をつけながら解くようにしましょう(家で過去問を解く際には、本番より時間は短めに設定しておくのがオススメです)。

東大の理系数学25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

東大の理系数学25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

 
東大の文系数学25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

東大の文系数学25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

 

 

4:終わりに

以上が最難関国公立大の数学対策の方法です。本番に、素早く、ミスなく解くために必要なのは、才能ではなくて大量の演習なのです、と最初に言ったように、演習を重ねれば数学の処理速度は必ず上がっていきます。文系においても理系においても、数学ほど差を付けやすい科目はありません。数学を得意にすることは、合格に大きく近づくことになるでしょう。

難関私大・センター受験者必携のおすすめ参考書3選

東大生が教える勉強法サイト Endeavorへようこそ。今回は早慶やMARCHといった私立大学の志望者や、センター国語の受験者へ向けた、マーク式古文の勉強法を解説していきます。

マーク式のおすすめ問題集

マーク式の問題では「選択肢」が極めて大きな役割を持ちます。文章が難しい問題でも、選択肢を分かりやすく設定することで難易度を落とせますし、逆に文章が簡単な問題でも、選択肢を分かりづらくすることで難易度を上げることが出来るわけです。
こういったマーク式特有の出題に対応するには、同じマーク式の問題集を解くほかありません。

マーク式問題集

センター試験や早稲田大を始めとする私立大学の古文の問題は、ほとんどがマーク式の問題となっています。マーク式の問題は記述式の問題とは解き方が大きく異なるので、専用の問題集で練習するようにします。
この河合マーク式問題集は、センター試験より少し難易度を落としたレベルの問題が多く収録されており、古文の実力をつけるにはうってつけの問題集となっています。

マーク式基礎問題集古文 (河合塾シリーズ)

マーク式基礎問題集古文 (河合塾シリーズ)

 

 

中堅私大古文演習

過去問演習に入る前に、加えてもう1冊やるとすればこの本です。中堅私大古文演習は、私大の過去問から良問を集めた問題集であり、マーク式問題の練習には最適です。前述のマーク式問題集よりは難易度が高いですが、河合塾の問題集らしく解説が丁寧なので、独学でも進めやすい本になっています。

中堅私大古文演習 (河合塾SERIES)

中堅私大古文演習 (河合塾SERIES)

 

 

過去問

前述の2冊を終わらせたら、過去問演習に入りましょう。過去問はセンターと二次試験の2種類ありますが、簡単で試験の時期も早いセンターの過去問からやるのが良いでしょう。しかし、2つの試験は傾向がかなり異なるので、一方の過去問を終わらせることに必死になりすぎて、もう一方に手が付けられなかったという事態は避けるようにしてください。過去問演習は、高3の秋頃から行うのが効果が最も得られるのでオススメです。

大学入試センター試験過去問レビュー国語 2017 (河合塾シリーズ)

大学入試センター試験過去問レビュー国語 2017 (河合塾シリーズ)

 
早稲田の国語[第5版] (難関校過去問シリーズ)

早稲田の国語[第5版] (難関校過去問シリーズ)

 

 

終わりに

以上が私大やセンター対策としてやっておくべき古文の問題集3選です。古文という科目の比重を考えると、余りに多くの時間を割くのは非効率なため、今回の私大の対策記事では、必要な量ぎりぎりの演習量となるようにしました。古文で差を付けたいと思っている人は、もう少し追加で演習を行うと良いでしょう。

逆に河合マーク式問題集でつまずいてしまった人や、古文の基礎が出来ていないという人の場合は、演習を積むのではなく、基礎に立ち戻って対策をするようにしてください。古文の基礎の勉強法は以下の記事で紹介しています↓。


 

古文の苦手を克服するための、たった3つの参考書

東大生が教える勉強法サイト Endeavorへようこそ。今回は古文を1から勉強する方法です。高1,高2生など古文をまだ本格的に勉強していない方や、古文が苦手な方向けの記事になっています。

古文が出来ない理由

古文が苦手な人の大半は暗記をサボっている事が原因です。古文の暗記とは何か、もう少し詳しく説明しましょう。
古文は古典文法と古文単語の2つを暗記しない限り、いつまでも読めるようにはなりません。「古文は暗記が多いから嫌い…」という人は多いですが、そう言って暗記を怠っている人はその先もずっと古文が読めるようにはならないでしょう。
逆に言えば、古文を読めるようになるにはこの2つを暗記するだけで大丈夫です。
ここからは、この2つを暗記して、古文を得意科目へ変えていく方法を紹介します。

古典文法の暗記

古文は現代日本語とはかなり異なった文法を使っています。それをまとめたものを古典文法といい、これを知らないで古文を読むと致命的な誤読をしてしまいがちです。
その中で、大学受験レベルで暗記が必要なのは、動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の活用です。古文の授業中に活用表を見たことがある人は多いと思いますが、その活用を全て暗記します。

ステップアップノート

古典苦手克服の第一歩には、このステップアップノートを使います。ステップアップノートは問題自体の難易度もかなり低く、また必要となる活用表が問題と同じページに載っているため、古文が苦手な人でも簡単に取り組めるでしょう。
ですが、活用表があるからと言ってそこで暗記を疎かにすることはせず、問題を進めるのと並行して書かれている文法事項を暗記していきましょう。文法の暗記には自分なりのまとめノートなどを作るのがオススメです。

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

 

 

古文上達 基礎編

古典文法暗記の第二段階には、古文上達 基礎編を使います。この問題集は文法を学びつつ問題演習が出来る設計になっており、実際の文章の中で古典文法が暗記できているかを確かめることが出来ます。ステップアップノートで全ての文法を暗記した後、古文上達の実践問題に取り組んで、暗記に穴がないか確認する方法がオススメです。

古文上達 基礎編 読解と演習45

古文上達 基礎編 読解と演習45

 

 

古文単語の暗記

古典文法と並行して古文単語の暗記も行います。オススメの順番は
ステップアップノート→古文単語315or古文単語ゴロゴ→古文上達 基礎編
です。ステップアップノートは古文単語の意味が分からなくてもなんとかなります。ですが、古文単語を覚える際には、活用を暗記していないと不完全な暗記になってしまうというのが理由です。

重要古文単語315

万人にオススメできるのがこの重要古文単語315です。イラストが豊富、例文も豊富な単語帳のため、単語を覚える時に記憶に残りやすいのが長所。さらに、第1章→第2章と出やすい単語順にまとめられているので、効果的に暗記することが出来ます。

読んで見て覚える重要古文単語315

読んで見て覚える重要古文単語315

 

 

古文単語ゴロゴ

他にもゴロで覚える系の単語帳として古文単語ゴロゴがあります。普通の単語帳では覚えられなかった時や、ゴロで覚えるのが好きな人にはオススメです。結局のところ、自分が覚えやすい方法で覚えれば良いんですから。
個人的には、語呂にこじつけ感を感じてしまって余り頭に入ってきませんでした...。

古文単語ゴロゴ

古文単語ゴロゴ

 

 

読解の演習

今まで挙げた2つの問題集に、どちらか1冊の古文単語帳をきちんと暗記すれば、古文の読解問題を解くのに十分な基礎力は身に付いています。次は問題集を使って演習を行います。
ですが、この先はどの大学を受験するかどうかで対策が異なります。

国公立大学の受験者の方

国公立大学では記述式の問題が大半なので、記述対策を念頭に置いた演習が必要になります。ただし、多くの大学ではセンター国語でも高い得点を取る必要が出てくるので、私大/センター受験者と同じようにマーク式の問題の演習も積む必要があります。

記述式問題の対策については、以下の記事に書いてあります。

 

私立大学の受験者の方、古文はセンターのみの方

二次試験に古文が出てこない、もしくは私大のみを受ける受験生は、記述式の問題の対策をする必要はありません。マーク式の問題に絞った対策を行いましょう。

マーク式問題の対策については、以下の記事に書いてあります。


終わりに

最初にも書きましたが、古文が苦手な人の大半は暗記をサボっている事が原因です。暗記科目である古文は努力が反映されやすく、古文が苦手な人もきちんと暗記と演習をすれば、簡単に高得点を狙うことが出来ます。最初の暗記がかなり面倒ですが、誰もが通る道だと思って一息に駆け抜けてしまいましょう。

最難関国立大受験者に贈る、古文を得点源にするための4ステップ

東大生が教える勉強法サイト Endeavorへようこそ。今回は東大/京大を始めとする最難関国公立大志望者へ向けて、古文の勉強法とおすすめ参考書をレベル別に解説していきます。模試で古文の全国平均点を上回るレベルの方向けの記事ですが、やる気のある方や、試験本番まで時間がない場合の速習にも有効です。

ステップ1:傾向の理解

まずは、勉強法を考える際の前提条件となる難関国公立大の傾向について説明します。
例えば東大では、古文そのものの読みやすさは実はセンター試験よりも簡単です。しかし全ての問題が記述式であるため、センターのように解答を選択肢から絞り込めず、難易度が高めになっています。
他の国公立大も基本的にはこれに近い傾向です。東大や京大と言えども難しい古文を読める必要はそこまで大きくなく、普通レベルの文章を誤りなく読み取れる能力が求められているのです。
特に東大では16年度以降、ほぼ全科目において易化傾向が続いており、普通レベルの問題で高得点を取れる能力というのはますます必要になるでしょう。

ではそういった傾向に合致したおすすめ参考書を紹介していきます。

ステップ2:古文単語の暗記

まずは全ての基礎となる単語帳です。

重要古文単語315

1冊目は古文単語315を使いましょう。単語を覚える際にその単語と意味の対応だけを丸暗記してしまい、入試問題で柔軟な訳し分けが出来なくなってしまうのはよくある話なのですが、この単語帳は実際の使用例が一緒に載っているためにより効果的な学習が望めます。特に、現代語訳が重要な得点源となる難関国公立大ではこういった力が必要です。
加えて、「まだし」と「まだき」「またし」などの間違えやすい似かよった単語が一緒に掲載されているのも優れた点です。
一方、付属の赤下敷きで意味を隠しても、隠れる部分が少なく答えが目に入ってしまうという欠点があるので、気になる方は自分でまとめノートを作るなどの対策をすると良いでしょう。

読んで見て覚える重要古文単語315

読んで見て覚える重要古文単語315

 
古文単語FORMULA 600

古文の失点ポイントの1つは、知らない意味の推測を間違えることであるため、古文単語を覚えれば覚えるほど古文の得点は安定していきます。古文単語315が終わった後は東進の古文単語FORMULAで更なる単語力を身につけるのがオススメです。時間がない場合は飛ばしても良いですが、1つの分からない単語から雪崩のように得点を失うことは頻繁に起きますから、対策をしておくに越したことはありません。

古文単語FORMULA600【改訂版】 (東進ブックス 大学受験FORMULAシリーズ)

古文単語FORMULA600【改訂版】 (東進ブックス 大学受験FORMULAシリーズ)

 

ステップ3:記述式問題集

次は記述式の問題集です。
最難関国公立大の問題はほぼ全てが記述式の問題であり、センター試験とは全く違った対策が求められます。センター試験は選択肢からの推測が行えるため、直前の付け焼き刃でも比較的点が取りやすいですが、二次試験の問題は長期にわたるしっかりとした対策を行わないと、高得点を取るのはほぼ不可能でしょう。

得点奪取古文

一冊目は得点奪取古文を使いましょう。第一部の典型問題とその解法を覚えることで、記述問題をパターン化して解くことが出来るようになります。記述問題を解き始めてすぐの受験生は、なんとなく感覚で問題を解いてしまうことが多いので、ここでしっかりとした解答の方針を得ておくことが大切になります。特に独学の受験生は要注意です。
また、この問題集は珍しく記述問題の得点基準を掲載しており、自分の解答には何が足りなかったのかを簡単に確認することが出来ます。

得点奪取古文―記述対策 (河合塾SERIES)

得点奪取古文―記述対策 (河合塾SERIES)

 
古文上達 読解と演習

二冊目には古文上達 読解と演習がオススメです。第二部・第三部の問題は有名・良質な問題文が多く、詳しい背景知識の解説と相まって古文の独特な世界観を身につけることが出来るでしょう。古文には『源氏物語』『大鏡』『蜻蛉日記』など多くの頻出出典が存在するので、その大まかな内容と背景を知っておくことは、受験本番で大きなアドバンテージになります。通信教育が本業のZ会の参考書らしく、解説がかなり詳しいのも優れた点です。
問題の中には文学史の知識問題など、国公立大対策にはそぐわないものも含まれていますが、それらは飛ばしてしまえば問題ありません。

古文上達 読解と演習56

古文上達 読解と演習56

 

ステップ4:過去問演習

以上の2冊を終えたら過去問演習を行いましょう。過去問のメリットは大きく分けて2つあり、それは「自分の実力の把握」と「志望大学に特化した対策」です。
今までは全大学に共通するいわば土台を身につける参考書を紹介してきましたが、過去問では自分の志望大学に特化した対策を行うことが出来ます。
過去問の演習をする際には、自分の志望大学の頻出問題形式とその解き方に注意しつつ、また時間配分に気をつけながら解くようにしましょう(家で過去問を解く際には、本番より時間は短めに設定しておくのがオススメです)。

東大の古典25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

東大の古典25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

 
京大の国語25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

京大の国語25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

 

終わりに

以上が最難関国公立大の記述問題に的を絞った古文対策の4ステップです。古文は漢文と並んで高得点が安定する科目であり、出来ない人と出来る人の差が付きやすい科目でもあります。特に東大を志望するのであれば、古文は必ず勉強して得点を安定させておきましょう。

その他のレベルの古文対策記事はこちら→

早慶やMARCHの志望者の方は、国立とは傾向が大きく異なるので別のページで古文対策を紹介しています↓

 

古文がそもそも苦手であったり、そこまで勉強が進んでいないという場合は、先に古文の基礎を身につけるようにしましょう↓